よく家庭菜園を始めたという人をTVで見かけます。
PAGE

家庭菜園を行う意味について

趣味と実益を兼ねた手軽な家庭菜園のすすめ よく家庭菜園を始めたという人をTVで見かけます。一戸建ての広い庭で本格的なものを行う人もいれば、自宅のベランダの僅かなスペースを使ってやっているという人もいます。家庭菜園をやっている人を客観的に見て、その目的は何なのかということが疑問になっています。自分の趣味として行うのか、それとも少しでも食品としておかずの足しになるようにしようと思っているのか疑問に思います。前者であれば小さなスペースで楽しく、花を育てるのと同じような感覚でやっているのではないかと感じます。後者であれば野菜や果物の食べ物を楽しむというよりは責任感を持って育てているのではないかと思います。

趣味で行う人は育てるまでの過程を楽しむのが主だと思うので、自分が育てたいと思う植物を育てているのではないでしょうか。食料の足しとして考えている人は少しでも多くの量を育てて収穫するということを考えていると思うのでなるべく枯れたりするリスクが少なく、育てやすい、なおかつ様々な料理に使えるものを選ぶんじゃないかと思います。私自身が家庭菜園をやっている訳ではないので今述べたことは単なる憶測に過ぎません。だからこそ家庭菜園をやっている人の意見を聞いてみたいです。趣味として始める人が多いのか、食料の足しにしたいと思っている人が多いのか統計を取ってみて疑問を解決したいです。

Copyright (C)2018趣味と実益を兼ねた手軽な家庭菜園のすすめ.All rights reserved.