同級生のお父さんが定年をしてから家庭菜園にハマったそうです。
PAGE

家庭菜園で育てた白菜と大根が毎年楽しみ

趣味と実益を兼ねた手軽な家庭菜園のすすめ 同級生のお父さんが定年をしてから家庭菜園にハマったそうです。田舎なのでもともと広い土地に住んでいます。初めはプランターで野菜作りを始めたそうですが、面白くなったらしくどんどん規模を広げていき、最終的には畑を作ってしまいました。おじさんはもともと凝り性らしく、野菜を作るときには色々勉強をしているそうです。そのおじさんが作る大根と白菜が驚くほどおいしいのです。うちは冬になると鍋をよくやるのですが、おじさんにもらった大根と白菜を使うととろとろにとろけるような食感になります。そして、とても甘いのです。

近所にある青空市場の野菜よりもおいしいです。同級生のお父さんの家は私の実家から歩いて5分ぐらいのところにあります。私は実家から車で1時間ぐらいのところに住んでいるのですが、ちょこちょこと顔を出すのでおじさんが実家に野菜のおすそ分けをするときに私の分も置いて行ってくれるそうです。母が私がおじさんの野菜のファンだと言ったらしく、たくさん置いて行ってくれます。でも、ひとつ困ったことがあります。それは白菜に虫がついていることがあるということです。それだけ体にいいという証拠ですが、虫の苦手な私はいつも恐る恐る白菜をめくっています。

Copyright (C)2018趣味と実益を兼ねた手軽な家庭菜園のすすめ.All rights reserved.