ピンポーンってインターホンがなってモニターを見たら、近所の人がたっていました。
PAGE

近所の人が家庭菜園で育てたミニトマトをくれた

趣味と実益を兼ねた手軽な家庭菜園のすすめ ピンポーンってインターホンがなってモニターを見たら、近所の人がたっていました。ちょうど班長さんをやっていた方なのでなにか集金叶って思って玄関をあけたら、ミニトマトがたくさん入ったビニール袋を差し出されました。家庭菜園で育てたミニトマトだそうです。天気予報で、明日台風が上陸すると言っていたから急いで収穫をしたのだが、家にもたくさんまだ食べきれていないミニトマトがあるのでよかったらもらってほしいと言いました。うちは、旦那は野菜嫌いだから食べませんが子供たちはミニトマトが大好きです。喜んでいただきました。

ところが、家庭菜園のミニトマトってお店で売っている物とはちがって皮がとてもあついんです。そのまま洗ってサラダにして食べたのですが、皮だけいつまでも残っている感じでした。子供たちは嫌だーって言って残してしまいました。せっかくもらったのにってガッカリです。そこで、残ったミニトマトを薄く切ってトースターで焼いてピザのトッピングにしてみました。薄く切ったせいか皮がきにならなくなったし、味も熱を通したせいで甘くなりました。子供たちは美味しいと大好評でした。家庭菜園ならきっと体にもいいはずです。また台風がきておすそ分けがこないかなって期待しています。

注目情報

Copyright (C)2018趣味と実益を兼ねた手軽な家庭菜園のすすめ.All rights reserved.